FXで投資する面白みは、一つだけの投資商品であるのに資金投下の期間を短・中・長の中からどの期間をチョイスするのかで、資金を費やす手だてが大きく変わってくるところにあると言われます。進学塾 松江市 出雲市

1番目に外貨に対して投入する「長期」に関して見てみよう。79-16-100

長期の投資とは一年以上の長期の投資が原則とされています。79-8-100

為替相場で、一年以上も後の為替のレートは円高なのか、円安かどうかを考えるなんてことは、普通は無謀に違いありません。79-2-100

正直なところ、「そこまで後の変動は予知できない」というのが本当のところだと思います。79-9-100

未知なものを頭を使って予想しようと思ったところで、意味のないことです。79-4-100

したがって、外貨を買った場合、そのタイミングでの価格よりも円高になってしまってもその分はいつか円安に戻るはずだというイメージで売り買いに向かうことが大切です。79-5-100

儲けを熱心に大きくすることに限らずその他の儲け言い換えればスワップポイントで儲けるというのを、まず初めの目当てにして始めてみましょう。79-7-100

もちろん、少しの期間で為替変動の損失がひどく膨らんでしまうこともあります。79-3-100

ですからそのマイナスにさほど困らないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をできるだけ少なめに抑えることは重要です。79-6-100

外国為替証拠金取引(FX)は損失が一定額を上回って増えてしまうと追加保証金(追い証)を求められたり、もしくはストップロスになったりします。

ストップロス(ロスカット)を置いたら、その場でトレードを清算することになり、長期トレードがダメになります。

例のような危険を回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいで売買するのがベストです。

第二に中期投資のケースのやり取りを説明します。

中期の投資の場合最大で1?2ヶ月程度後を見越しての売り買いであります。

為替の取引の場合、およそ1ヶ月ほど先のことはおおかた先読みしやすいだと思います。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の公式の会議とか、為替のトレードに参加している人たちがどういったポイントに興味があるかを見ればだいたい、想定できるはずです。

経済の状態をチェックしつつグラフを参考にすることによって、為替相場の動きを理解する事ができ、取引を決定するといいと思います。

基本的に、経済情勢とジャッジのどちらも良い状態であり、または買い傾向が一致していれば、ほとんどの場合そのまま行くと考えて問題ありません。

持ち高を増やしておく事でさらに多くのリターンを得られるのです。

第三に短期スタンスの要点。

ここでいう短期トレードは、言い換えればデイトレードを意味しています。

為替で日計り取引を行う場合経済の状況は関係ないと断言できます。

というのは次の日の為替レートの動向に経済の状況は影響ないからです。

この時重要ポイントは注目される催しがある際、それによって為替のレートがかなり変化する機会を見落とさないようトレードしましょう。

たとえばアメリカ合衆国にて雇用情勢が公開される、ないしは金利政策などにより金利が変動するようなイベント。

このように絶好のチャンスに変わり様を見過ごさないといった意味合いから、短期のスタンスでは多様な要素が必須となる。