今回は、自動車保険について、書いて行きたいと思います。カンジタ

まずは、保険は日常的に使う物ではありません。めなり

何かあった時に自分で処理しきれない時や、まかなえない時に、保険屋さんに頼むことになります。

自動車保険を使う時は、簡単に事故の処理の時です。

実は先日、自動車事故を起こしてしまい、8対2でこちらが悪いことになってしまいました。

そんな時に、頼りになったのが保険屋でした。

本当に頼りになったので紹介しますが、安い保険では、現場に行ったり、事故の調査をしたりはしないそうです。

なぜなら、外資系の安い保険屋には、事務所が少なく全国に出向けるほどの人員もいてません。

安いには安いだけの理由があります。

安いことを宣伝文句にしていますが、ゴールド免許で等級が高い位置にある時の金額しか言いません。

実際には、事故をしてしまえば、事故の対応が悪かったり、保険料が跳ね上がったりとなるようです。

口コミを聞いて、保険が何のためにあるのかを、しっかりと考えましょう。