以前、小さいマンションから比較的広い物件に引っ越した時の話です。

小さいマンションに暮らしているときは、散らかった部屋を見て、 「部屋が狭いから物があふれているように見えるだけだ」と言い訳していました。

実際収納場所も少なく、収納棚やケースが置くことで部屋はますます狭くなっていました。

多少の散らかりは仕方がないんだと。

その後、引っ越しをすることになり、 もう少し広く、収納スペースも多い部屋に移りました。

小さい部屋から移り住んだので物も少なく、引っ越し当初は収納スペースが余ってしまうほどでした。

しかし数カ月もしない間に、また部屋は散らかってしまったのです。

その時、今さらながら気づいたことは、部屋が散らかる原因は、部屋の広さではなく自分自身だったんだということです。

狭いなら狭いなりの、広くなれば広くなっただけの散らかし方をしてしまうみたいです。

今後は、散らかすことのないように頑張りたいなと思いました。